ガレージハウスの魅力

ガレージハウスのメリットを詳しくご案内します

憧れのガレージハウスでカーライフを満喫しよう

愛車と一緒に住めるのが大きな特徴

車が趣味の人なら一度は住んでみたいと憧れるのがガレージハウスだと思いますが、これは家屋に車庫がスッポリと組み込まれている住宅のことです。屋内に車庫があるため、車を駐車するというより、車と一緒に住むといった感じの方が近いかもしれません。一階部分が丸々車庫になっているタイプのほか、地積次第では同じフロアに居住区間を併設することも可能です。何れにせよ一階や二階のリビングから常に愛車が見えるなど、このタイプの住居でしか実現できない夢のカーライフを送れるのが、ガレージハウスの魅力と言えるでしょう。打ちっぱなしのコンクリートに整備道具並べてピットのように仕上げるも良し、間接照明やライトアップを駆使してショーウインドーのように飾るのも良し、楽しみ方は無限大です。想像の翼を広げて自分らしく愛車を演出できることも、素晴らしいポイントだと思います。

インナーガレージだから雨が降っても大丈夫

ガレージハウスなら屋内に車を保管できるため、天候の影響を受けないことも大きなメリットと言えます。屋根なしの車庫なら風雨や直射日光でボディーの痛みも進みますが、ガレージハウスならそういったことがありません。雨天後の雨染みや、ボディーを変色させてしまうウォータースポットなども抑えられる訳ですから、日頃のお手入れが楽になるのではないでしょうか。もちろん雨の中をドライブした後でも、ガレージハウスなら帰宅後すぐに水滴を拭けるので、その点も便利です。雨の日でも洗車やワックスがけができるため、天候によって予定が左右されないことも、インナーガレージならではの利点でしょう。

車の乗り降りが安全に行えるので高齢者にも優しい

高齢化社会と呼ばれる今日ですが、ガレージハウスは介護などで車を使う際にも効果を発揮してくれます。とくに車椅子から車に乗り降りする場合、車道では危険を伴いますが、ガレージハウスならゆっくりと安全に乗り換えられるのです。雨が降っても濡れずに済むため、雨天日の通院などではその利便性をとくに実感できると思います。まさに理想的なドアツードアでの移動を実現しますから、高齢者に優しい点も見逃せない魅力と呼べるでしょう。そして、注文住宅で拘りのガレージハウスを建てたいなら、設計事務所に相談すると良いかもしれません。施工業者を別途探す必要はありますが、建築素材や工法に縛られることなく、自由な発想で設計してくれるのが強みです。とはいえ、ガレージハウスは賃貸住宅でも提供されているので、諸事情で持ち家を購入できない場合でも諦める必要はありません。探せば色々見付かる筈ですから、必要に応じて賃貸物件を探してみてはいかがでしょうか。

人気記事ランキング