ガレージハウスとの共生生活

敷地が狭くても工夫とアイディアでガレージハウス実現

愛車と家庭生活を共に大切にするガレージハウスの工夫

愛車を家族の一員と同様に考える車好きの人

交通の便の良くない地域あるいは、幼い子供を抱えていたり、足腰の衰えた高齢者のいる家庭では日常的な生活の移動手段としてマイカーの必要性が強いようです。そこで、マイカーを所有する家庭では一定の広さのマイカー置き場が必要になります。ところが、大都市圏のように地価の高い地域の戸建て住宅では簡単にマイカー置き場を用意できず、街中の月極駐車場を借りるケースが多々あります。しかしながら、車1台とはいえ、高価な買い物ですから愛車となれば家族の一員と同様にいつも目をかけていたくなる車好きの人も少なくありません。このため、敷地に余裕があれば倉庫やプレハブ型のガレージハウスを設置することができます。ガレージハウスがあれば愛車の防犯対策に役立ち、風雨やほこりに曝されることもなく、一人で存分に愛車に触っていられます。また、倉庫やプレハブ型で、車を置いても周囲にスペースがあれば自分の趣味を楽しむ空間に利用することもできます。

一方、敷地に余裕がなくても自宅を建てたり、リフォームするチャンスを見つければ良いのです。住まいの間取りや建て方等を検討する際、最初から家族の生活の場に愛車置き場を組み込む設計計画でプロの建築家に依頼するのです。建築設計の専門家が敷地の広さや形状次第でガレージハウスを建てた数多くの実施例をまとめているので、参考にしながら希望を叶えることができます。ガレージハウスを建てる人には愛車との共生に拘るくらいの気持ちが強いはずです。中には、愛車の脇で寝たい人、油臭を感じながら生活したい人もいるようです。そこで、敷地が十分に広くない地域でマイホームの中に家族の生活スペースを取った上に車置き場を組み込むには建物の建て方に一工夫が必要になるはずです。倉庫やプレハブ型のガレージハウスを設置するより費用が割高になりますが、自分や家族の希望内容をガレージハウス建築の専門家に伝えて設計を依頼する方が楽にできるでしょう。

平屋や狭小住宅住まいではプロの知恵を活用して実現

こうした建築の専門家の中には平屋や狭小住宅しか建てられない顧客がガレージハウスを欲しがるケースも心得ていて、対応してくれる専門家もいるようです。生活する場とガレージハウスが隣接する平屋や狭小住宅の場合、エンジン音や排気ガスが気になるようでは生活を続けられません。このようなケースでは家族の寝室やリビング等を遠ざけるなど、工夫とアイディアが必要のようです。従って、敷地が広くなくて平屋や狭小住宅の持ち主がガレージハウスと共生しようとする場合は、マイカーの車種選択の時点から考えて行動する必要がありそうです。車種により車のサイズが異なる点を活用するわけです。

人気記事ランキング